News & Blog

ホームニュース&ブログ【コストなし】明日から出来る社員の「やる気UP」ノウハウ 5選

2021.05.28 コラム法人向け

【コストなし】明日から出来る社員の「やる気UP」ノウハウ 5選

社員のやる気UP方法で悩んでいませんか?

  • 社員のやる気を上手く上げるにはどうしたら・・
  • スタッフのやる気DOWNで会社の生産性に影響が・・
  • コストをかけずに従業員のモチベUPにつなげたい
  • 落ち込んでいる社員を元気づけたい

昇給や昇格で社員を釣るのは簡単ですが、後が地獄です。
固定費が激増するし役職やポストには数に限りがあります。名ばかりの管理職を増やしても社員のモチベーションUPにはつながりません。

さらに、一度昇給や昇格を行うと安易に元に戻す(給料を下げる、降格させる)ことは出来ません。

しかし、ちょっとした工夫を行うことでコストを増やさずに社員の「やる気」をすぐに上げる方法があります。この記事では「明日から!すぐにできる!」やる気UPの方法をご紹介いたします!

明日から出来る!社員のモチベUP方法 5選

①給料を上げる 休みを増やす・・・△

【メリット】即効性がある、単純作業の仕事においては効果大
【デメリット】固定費が上がる、やる気上昇の効果期間が短い、
給料を上げたり休みを増やすことは単純作業の短期アルバイトなどにおいては非常に効果的ですが、長期的に社員のモチベーションを維持することは出来ません。
さらに「給料・ボーナス・休み」を増やすことは固定費の増大に直結します。

社員の仕事内容を正当に評価して適正な給与を支払うことは大事ですが、とにかく「金」を渡しておけばやる気が上がるというわけではありません。

②やる気のない社員を優秀な社員と組ませる・・・○

【メリット】すぐにできる、コストもかからない
【デメリット】業績評価を公平に行う必要がある
優秀な社員とモチベーションが低い社員をペアにして仕事をさせることで、無気力社員の行動が変わります。やる気が低い人は優秀な同僚とペアを組むことで「優秀な人と比べられる・・」というプレッシャーが働き、さらに無気力でサボりがちな社員ならばサボっていることが際立ってしまうので(仕事をサボらないよう)抑止効果にもなります。この方法はコストなしで、すぐ出来ることも大きなメリットの一つです。

※注意点
優秀な社員とやる気の低い社員を組ませる場合の注意点として、「どちらの社員が成果を出したか?仕事をこなしたか?」という成果の所在をちきんと分ける必要があります。
うやむやにしてしまうと優秀な社員のモチベーションを逆に下げてしまうことにつながるので注意が必要です。

③優秀な社員のデスクの隣にモチベーションの低い社員のデスクを移動させる・・ ○

上記②のように、優秀な社員とやる気の低い社員をペアで組ませることが業務上難しい場合は
優秀な社員のデスクの隣にモチベーションが低い社員のデスクを配置するだけでも効果的です。
バリバリ仕事をこなす社員の隣にいる人は優秀な社員のやる気の高さに触発されやすく、比較されたくないという心理も働きサボりづらくなります。
こちらもコストゼロですぐに出来るモチベーションUPの方法です。

④人間関係のつながりを強める、裁量権を与える・・・○

【メリット】職場の人間関係が良好になる、社員の離職率が下がる、コストなし、すぐできる
【デメリット】ほぼなし
強制的な飲み会などではなく、社長や管理職が部下に「労い」を行うことは社員のモチベーションUPに効果的です。
コツは、お世辞ではなく「本当に助かったこと」をシンプルに助かったと伝えることです。人が退職する理由のダントツトップが職場の人間関係の悪化です。逆にいうと、人間関係が良好であれば多少のデメリット(待遇が他社より劣るなど)があっても、従業員のやる気は維持しやすく、会社への満足度も上がり、人材の定着率がUPするといえます。
普段の業務の中で「本当に業務上助かったこと」を上司が部下に労うということをコツコツと続けるだけでOKですので明日からすぐに出来ます。

⑤企業型確定拠出年金制度(以下、企業型DC)を導入する・・・◎

社員のやる気UPの秘策として企業型DCの導入は効果的です!
極めてローコストで退職金制度・福利厚生制度を整えることができ、社員が腰を据えて安心して働ける環境を作ることができます。

さらに企業型DCは様々な付加価値を生み出します。
◆既存社員のやる気UP ◆転職者へのアピールに ◆既存社員の定着率UPに
◆会社の社保負担軽減 ◆役社員の社保・税金負担軽減 ◆福利厚生の充実に

制度導入による会社負担分の社会保険料削減効果で導入・維持管理コストをカバーし、コスト面は実質無料となるケースも多々あります

企業型DCの導入事例

「安心して長く勤めてほしい」「モチベーションアップにも」そんな思いから導入を決定 WEBサービス制作のB社

退職金制度が未整備ながらも事業拡大に伴い社員を増員予定のB社は、既存社員にも新たに入社した社員にも安心して長く勤めて欲しいという思いから企業型DC制度の導入を決定。

社員のやる気の高さは会社の成長に大きく影響します。勢いがあり、成長している会社の社員はモチベーションが高く、社内の雰囲気も明るくなっています。
一方で無気力な人材が多い会社は雰囲気が暗く、愚痴が多くなり会社の業績も低迷しがちです。社内の雰囲気が暗いと、新入社員や転職者は「この会社は大丈夫だろうか?」「まずい会社に入ってしまったかも・・」と感じてしまい、せっかく採用した人材がすぐに辞めてしまうことにも繋がります。

導入効果 お金の面で将来の不安が減った!

SBIベネフィットシステムズが提供する企業型DCは社員のモチベーションUPのために効果的です。

中小企業で企業型DCを導入していれば「うちの会社は退職金制度や福利厚生を整えるぐらい安定した良い会社なんだ」と、従業員の満足度向上にも非常に効果的だった、と反響が寄せられています。

大企業であれば「退職金制度・家賃補助・各種福利厚生制度」などが非常に充実しており、大企業に務める社員は将来・老後に向けて資産形成を行いやすい環境が整っています。

一方で中小企業では上記のような退職金制度・福利厚生制度などは未整備な場合が多く、社員は次のような漠然とした不安を抱えています。

  • 「自分はこの会社で働いていて大丈夫なのだろうか」
  • 「家族を養っていけるだけの給料がもえらえるだろうか」
  • 「自分が老後、苦労しないだけの資産を作っていくことは出来るだろうか」

このような状況では仕事に本腰が入らず、社員は常に「次の会社」「他にもっと労働条件がいい会社」を探しています。

企業型DCの導入によって「安心して長く働ける会社」に自社を成長させることで、従業員のやる気UPやモチベーション維持に直結します。

社員のやる気UPの手段としてぜひ企業型DCを導入してください!

企業型DCの導入支援及び保守なら杉山綜合財務管理

杉山綜合財務管理はSBIベネフィットシステムズ(SBIグループ)と提携し企業型DCの導入支援及び保守を専門としている会社です。 企業型DCとは? 制度FAQ

下記サービスをご用意しております。いますぐお申し込みください。

企業型DCセミナー(無料)

企業型DCの制度概要を説明するセミナーです。「いますぐ導入は考えていないけども、検討はしている」という企業様でもOKです。企業型DC制度の全体像を短時間(1時間程度)で理解・把握することが出来ますので情報収集としてもご利用いただけます。対面形式だけでなくWEB会議での開催も可能伊です。

電話、メール、フォームよりご都合のいい方法でお申し込みください。

電話 : 045-594-7608
メール : sugizai@zushihayama-am.com
フォーム : コチラから 問い合わせ内容に【DCセミナー希望】とご記載ください。

資料請求(無料)

企業型DCの制度概要資料を送付いたします。まずは資料で概要を知りたいという場合にご請求ください。

電話、メール、フォームよりご都合のいい方法でお申し込みください。

電話 : 045-594-7608
メール : sugizai@zushihayama-am.com
フォーム : コチラから 問い合わせ内容に【DC資料希望】とご記載ください。

資産運用セミナー(無料)

企業型DCを上手く活用するための資産運用セミナーをいたします。対面形式でもWEB会議でも開催可能です。企業型DCを利用していない方でも下記のようなことでお困りの方におすすめです。

  • 資産運用に興味はあるけど何から手を付けていいか分からない・・
  • 投資経験がないから不安
  • すでに証券会社で運用を行っているけど、なかなか上手くいかない・・

証券会社で長年実績を積んだ杉山が誰でも理解できるように資産運用の考え方、商品選びの方法などについてご説明します。

電話 : 045-594-7608
メール : sugizai@zushihayama-am.com
フォーム : コチラから 問い合わせ内容に【資産運用セミナー希望】とご記載ください。

ご要望をお気軽にお知らせください

045-329-7142045-329-7142

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

お客様からの相談事例をご紹介します。
皆様のお悩みと同じ事例がありましたら、参考にしてください。

News & Blog

杉山オリジナルの動画やコラム記事を
更新しています。
新たな気づきがあるかも!?