Youtube channel

ホーム時事・資産運用動画 【アメリカで文革】韓国コミュニティの妨害、シアトル独立、銅像引き倒し、黒と白と黄色を超越することは不可能なので、お互い線引きして生きていきませんか宣言

2020.06.14 [ 時事・ビジネス ]日本世界ビジネス

【アメリカで文革】韓国コミュニティの妨害、シアトル独立、銅像引き倒し、黒と白と黄色を超越することは不可能なので、お互い線引きして生きていきませんか宣言

この記事は下記の動画とリンクしています。動画で話している内容を書き起こしている為、表現が口語的であったり、一部分かりにくい部分があります。
シアトルが独立?アメリカの暴動が収まらず、暴徒がシアトルの警察署周辺を占拠し、「自治区」設立を宣言した。というニュースが飛び込んできました。さすがにシアトルの知事は事態を放置しすぎではないか。ウクライナのクリミアのようになってきてる。シアトルの州知事は他の国に併合されたいのだろうか。
◇K-pop集団が組織的に動画投稿
アンティファやBLMなど、今回の暴動を扇動している組織がいると指摘されています。アメリカのK-popファンコミュニテーがアメリカ当局の暴徒鎮圧を妨害しているのではないかと、いう記事が出ています。
【MIT Abby Ohlheiser 記者による2020-6-5記事
 1週間前、ダラス警察が市民に《黒人差別抗議活動中の犯罪行為を動画撮影した人はそれを送って欲しい》と要求したが、全く成果が得られなかった。 というのも、違法行為を撮影した動画をアップロードするアプリをアプストアやグーグルプレイにローンチしたところ、大量のK-popのファンがその警察アプリをダウンロードし、短く編集したKポップ動画を大量にアップロードし、加えて、そのアプリに低評価を与えて、アップストアの下のほうに埋没させてしまうように仕組んだ。数時間後、ダラス警察は、そのアプリが一時的に利用できなくなっているとアナウンスした。】
と、記事にあります。アメリカのK-popファン集団(韓国人であるという意味でありません)が警察を妨害し、犯罪行為を働いている連中が逮捕されないようにした、と考 えられる。要はアプリが一時的にダウンするぐらい、短期間に大量に動画をアップしたという事から、組織だって動きがあるのではないか、アンティファやBLM以外にも、烏合の衆ではなく、明らかに組織的に暴動を煽っている連中がいる可能性が高い。
◇南軍象を引き倒し、南軍基地名称の解消
さらに、南北戦争時代の軍人の銅像を引き倒したり、南軍の軍人にちなんで名付けられた米軍基地の名称を変更することを義務付ける法案が可決したとのこと。トランプ大統領は基地名変更に反対し、拒否権を行使する考えを示している(ロイター通信より)。
これはアメリカだけではなく、イギリスでも奴隷貿易の商人エドワード・コルストンの銅像が暴徒により引き倒された(AFP通信より)。
日本の保守層からは文革そのものだという声があがっています。全くその通りです。
文革をシンプルに説明すると、歴史や文化の破壊・改ざん運動と、敵対する人間の虐殺です。文革は毛沢東時代の中国で行われ1966年から約10年続き、2000万人~4000万人もの中国人が殺されましたと言われています。毛沢東下の中国では、資本主義的な市場経済を取り入れようとする勢力を敵としてレッテルを貼り、徹底的に弾圧した。
韓国も同じようなもの。韓国では、日本統治時代を肯定することや親日的な発言は許されない。だから、天皇陛下へ謝罪を要求したり、いわゆる「元徴用工」問題やレーザー照射問題を起こしたりしてます。これを見ていると完全に文革です。過去の朝鮮半島の歴史や事実を否定・改ざんしているわけだから。他人事と思いきや、戦後日本の学校教育も完全に文革です。小・中・高・大と一貫して、自虐史観を叩き込み、戦前の日本は全て悪いと教えるからです。文化、道徳教育、もちろん皇室についても、とにかく戦前の日本は全て悪と断じる事が戦後の自虐史観教育です。福沢諭吉の脱亜入欧だけを切り取り、福沢は差別主義者だ、と叫ぶアホがいるぐらいですから。そういう意味で、日本の戦後、自虐史観教育は、人は死んでいませんが、日本版文革のようなものではないかと思います。
アメリカの話に戻します。黒人奴隷制度はアメリカの歴史として実際にあり、黒人奴隷が存在した事実を象徴する意味で残したほうがいいと思っています。それを否定して銅像を潰し、基地の名前を変える事は、バーミヤン渓谷の石像を破壊したタリバンと同じです。シアトルで自治区宣言なんて、黒人差別と関係あるでしょうか。黒人差別の過去を引き合いにだして、黒人に擁護的な意見を聞きますが、法治国家であり民主主義国家のアメリカにおいて、差別されたとしても、暴力で訴えかけた時点でやはり終わりです。
外からではなく、中から分断・破壊するやり方は中国の常套手段ですから、アメリカの負の部分を上手く利用されたなという感じがします。
アメリカの人種間の分断を見ると、多文化・多人種共生は不可能であるとアメリカが身を持って証明してくれたのではないかと思います。ネガティブな話ではなく、『やっと理解できた!ありがとうね!』と、むしろポジティブな話です。お互いの国同士、国境をしっかり引き、同じ肌の色同士、、同じ言語同士、同じ宗教同士で固まり生活したほうが差別もなく、お互いに幸せになれるのではないか。外人は日本に来るなと言っている訳ではなく、どうしたら皆が幸せに生きていけるのかという話です。黒人だけの国なら、肌の色の違いで差別なんて起きようがない。しかし、黒人が人口の90%以上で黒人ばかりの国でも、部族間の差別はあるし、民族浄化で互いの部族同士、つまり黒人同士で殺し合いをしている。
宗教が違えば、イスラム教では、自由と民主主義は悪、男女平等は悪、異教徒を殺すことは正しい行い、異教徒の性奴隷は合法です。だからISILやボコ・ハラムの残虐行為はイスラム社会においては、一定の理解を得ている。長くなるのでこれ以上は話しませんが、僕は自由と民主主義の信奉者ですから、はっきり言ってイスラム教の原理は間違っていると思う。イスラム教とも分かり合えると言っているやつは、脳みそお花畑です。イスラム教は存在はしていいが共存は出来ない。お互いに関わることはやめたほうがいい。混ぜるな危険という事です。人種と宗教は特にです。
あなたはどう思いますか。


 

ご要望をお気軽にお知らせください

045-329-7142045-329-7142

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

お客様からの相談事例をご紹介します。
皆様のお悩みと同じ事例がありましたら、参考にしてください。

News & Blog

杉山オリジナルの動画やコラム記事を
更新しています。
新たな気づきがあるかも!?