Youtube channel

ホーム時事・資産運用動画 【トランプ流】カウンター・プロパガンダ、日本の保守政治家さん「沈黙は金」にはならないから、反撃してね!応援してるよ!

2020.06.18 [ 時事・ビジネス ]日本世界ビジネス

【トランプ流】カウンター・プロパガンダ、日本の保守政治家さん「沈黙は金」にはならないから、反撃してね!応援してるよ!

この記事は下記の動画とリンクしています。動画の内容を書き起こしている為、表現が口語的であったり、一部分かりにくい部分があります。
アメリカ・トランプ大統領のyoutubeチャンネルに、非常に参考になる事がありましたので紹介します。
これは、日本の政治家、特に自民党、そして野党含む保守派の政治家全てが真似すべき事です。それは「カウンタープロパガンダ」です。「やり返せ」という事です。
トランプ陣営では民主党の大統領候補ジョーバイデンをこき下ろすというか、事実を伝えているのだが、権威を貶めるような、いわゆるプロパガンダ動画を結構作っているのです。まずはその動画を見て下さい。字幕は僕がつけています。翻訳が間違っている部分も若干あると思います、その点はご容赦下さい。
————————動画——————-よろしければリンクから動画をご覧ください。
という感じです。結構手が込んでいます。
あえて言いますが、日本の保守派もこういう事をやるべきです。何故かというと、新聞、テレビなどのマスコミ、左派に散々、こういったプロパガンダをされているからです。
「やめろ」と言っても、マスコミやどこぞの国から金を握らされている連中は絶対やめません。だったら、カウンターとしてやり返すべきだと考えます。放っておいてはダメです。
保守派の人々は「自分達が正しいことをやっている、間違っていない!国民は理解してくれている!」という驕りがある。故に、プロパガンダにやられたい放題でしょう。森友にしても、桜の会にしても、違法行為なんてないし、倫理的にも何ら問題はありません。しかし、リテラシーの低い一定数の人達は騙される。一定数の人間は必ず騙せるからマスコミは永遠とウソを垂れ流している。きちんと反論すべき!という話です。
紹介した動画でもマスコミの報道でも、基本的なプロパガンダ手法は共通しています。「馬鹿だ、無能だ、差別主義者だ」とレッテルを貼り、相手の権威を貶めるのです。
バイデンが中国の操り人形だと揶揄する動画では、チープな音楽とひょこひょこ踊るバイデン人形がいかにも無能さを表しています。新聞やテレビも同じ事をしています。安倍さんの変な写りの写真をあえて使っているではないですか。安倍さんの権威を貶めることが出来るなら嘘情報でも永遠と、垂れ流すわけです。朝日新聞、毎日新聞、そして一部のテレビ番組あたりが365日行っている。いい加減、反撃すべきです。言論の自由を守なければいけない為、規制は難しい。しかし規制できない以上はやり返さなくてはいけません。【沈黙が金】になるのは、相手が日本人の場合だけです。相手は北朝鮮や中国です。反撃せずに黙ってたら、攻撃をやめてくれますか。逆です。むしろ「あ、こいつ何もやり返してこんわ、もっと攻撃したれ」となるのです。たから「カウンターきっちりかましましょう」という話です。
あなたはどう思いますか?


 

ご要望をお気軽にお知らせください

045-329-7142045-329-7142

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

お客様からの相談事例をご紹介します。
皆様のお悩みと同じ事例がありましたら、参考にしてください。

News & Blog

杉山オリジナルの動画やコラム記事を
更新しています。
新たな気づきがあるかも!?