Youtube channel

ホーム時事・資産運用動画 【不倫相手は被害者だっけ?】佐々木希さんを妻に持つアンジャッシュ渡部は何やっとんねーーんって話と、クリエイターは不祥事あっても強いということ。

2020.06.12 [ 時事・ビジネス ]日本世界ビジネス

【不倫相手は被害者だっけ?】佐々木希さんを妻に持つアンジャッシュ渡部は何やっとんねーーんって話と、クリエイターは不祥事あっても強いということ。

この記事は下記の動画とリンクしています。動画の内容を書き起こしている為、表現が口語的であったり、一部分かりにくい部分があります。
【不倫相手は被害者だっけ?】佐々木希さんを妻に持つアンジャッシュ渡部は何やっとんねーーんって話と、クリエイターは不祥事あっても強いということ。

今回はゴシップネタです。
アンジャッシュの渡部さんが複数の女性と不倫をしていた、という事で文春砲みたいです。しかし、不倫や不祥事があっても、作品を作り出せるクリエイターは影響が少ないという話をします。
都内在住会社員の女性Xさんが「週刊文春」の取材に重い口を開く。
「彼は『地下駐車場に隣接した多目的トイレに来い』と言うのです。エレベーターの前で落ち合って、トイレの鍵を閉めた瞬間に……。その後も彼はヒルズのトイレばかりを指定し、会える時刻を伝えると、地下2~4階にあるトイレを徘徊し、誰もいない階を確認した上で『地下○階ね。すぐ来て』と指示を出してくるようになったのです。」
六本木ヒルズを管理する森ビルの担当者が困惑気味に話す。「本来、多目的トイレは身体障害者の方などの利用を想定して設置されたもので(性的行為は)公序良俗に反する目的外使用に当たります。定期的に警備員が巡回を行っており、そうした行為を見つけた場合には、当然注意をしています」
そして、不倫相手の女性は、「彼は私のことを“性のはけ口”くらいにしか思っていなかったんでしょうね。せめて一人の女性として扱って欲しかったと思います」
渡部さんはもちろん悪いですが、渡部さんが既婚であることは世間で知られた話。相手の女性が被害者ぶるのはどうかと思います。渡部氏と同罪だよね。
相手の女性は、未成年ではなく、一人の大人の女性ですから。トキオの山口達也氏や極楽の山本氏のような未成年に対する淫交とは全然違います。
大人同士の合意の上の、遊びなんで、被害者、加害者でいうなら、不倫相手の女性って完全に加害者側です。
不倫の裁判で慰謝料を払わないといけないのは不倫した本人とその不倫相手。誰が悪いかという話をすると、今回の話では渡部氏とその不倫相手の女性。
『何被害者ぶっとんねん』という感じです。都内在住(会社員)の、れっきとした大人ですから、不倫の責任は彼女自身にもありますね。
渡部氏と佐々木希さんにしても、東出昌大さんと杏さんの件にしても、プライベートを商売道具として、イメージで仕事をしている芸能人は大変です。
芸を売りものにするか、イメージを売り物にするかで、不祥事のあとの影響が全然違う。渡部さんや、ゲスキワ川谷さんと不倫したベッキーさんは、被害甚大になる。
逆に、ベッキーと不倫したゲスキワの川谷絵音さんのようなミュージシャンや、コロナの中、沖縄へ行ってしまった俳優の山田孝之さんのように、才能、芸が突出している人達は極端な話、刑事事件起こしても、彼らの作品は、関係なく見られるし聞かれる。※ここからは例えばの話です。
僕は、東野圭吾さんの小説が好きですが、仮に東野さんが薬物乱用で逮捕されたとしても、彼の小説を読みます。事件起こした後の新作小説だって購入します。漫画キングダムの原先生が仮に刑事事件起こして、キングダム打ちきりになったら、出版社に『再開してくれ』と電話すると思う。犯罪を礼賛しているわけでは全くありません。『優れた作品を作り出すことができるクリエイターは、不祥事があっても、強いよね』という話です。
アンジャッシュの渡部さんはどっちでしょう。僕はクリエイターだと思います。アンジャッシュのコントは凄く面白いですから。相手が未成年でなければ、不倫は完全にプライベートな問題で、ワイドショーのコメンテーターのように公共の電波にのっけて偏った中韓のプロパガンダを垂れ流してるわけではない。不倫は犯罪でもないですし。
まだ小さいお子さんもいるようで、子供いるなら、成人するまでは仮面夫婦でもいいので離婚しないほうがいいのではないかと思います。子供がいれば、自分ひとりだけの人生ではないですから。DVがあるなら例外で即離婚すべですが。渡部氏と佐々木夫婦のお子さんは、男の子のようです。男の子は、男親いないと大変です。思春期の、多感な時期の男の子は母親では止められないことが沢山ありますから。『え?根拠は?』と思われる方もいるかと思いますが、僕自身の経験からです。理屈ではなく、生物として、腕っぷしで、『親父にまだ勝たれへんな』と思わせないと、収拾つかない事が沢山出てきます。
うちはまだ子供小さいですが、全員男ですから、日々鍛錬です。僕、高校の時に柔道部で大学はラグビー部だったので、そうそう当たり負けしないとは思いますが、長男は空手をやってますから、子供が中学生ぐらいになって、気を抜いていたら、やられるなという危機感はあります。
男の子が15歳ぐらいになってきたら、体は大人ですから。家の壁に3つか4つくらいは、穴が開くだろうな、と覚悟してます。僕が穴ああけるわけじゃないですよ、子供が壁殴って穴あけそうだなという話です。だから、たまに脳内でシュミレーションをしてます。息子が暴れたらどうやって平和的に制するか、そこは柔道ですから。柔よく剛を制すわけなんで、僕の中でイメージはできています。奥襟つかんで、ぐーん、って、やって、寝技で1本です。寝技かけたまんま、『家の壁の修理代をバイトしてでも返せ』と言います。
普段、政治経済の話ばかりで、渡部氏の不倫問題から何か政治経済の話につなげようと考えていたのですが、すいません、全く繋がりませんでした。
ということで、ゴシップネタだけで終了します。ご視聴ありがとうございます。

ご要望をお気軽にお知らせください

045-329-7142045-329-7142

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

お客様からの相談事例をご紹介します。
皆様のお悩みと同じ事例がありましたら、参考にしてください。

News & Blog

杉山オリジナルの動画やコラム記事を
更新しています。
新たな気づきがあるかも!?