Youtube channel

ホーム時事・資産運用動画 【絶縁状】どMすぎるドイツさん、5Gでファーウェイとガッチリ握手してしまう、日米英仏豪から絶縁される未来

2020.07.17 [ 時事・ビジネス ]日本世界ビジネス

【絶縁状】どMすぎるドイツさん、5Gでファーウェイとガッチリ握手してしまう、日米英仏豪から絶縁される未来

この記事は下記の動画とリンクしています。動画の内容を書き起こしている為、表現が口語的であったり、分かりにくい部分があります。
【絶縁状】どMすぎるドイツさん、5Gでファーウェイとガッチリ握手してしまう、日米英仏豪から絶縁される未来

フランスが5Gでファーウェイ排除の方向へ進み始めました。これで5G排除に動いているのは、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアとなりました。マトモな国はどんどんファーウェイ排除方針です。そんな中、
【ベルリン 7日 ロイター】ドイツテレコム(旧ドイツ通信公社、日本でいうところのNTTです)は、安全保障当局が警戒を求めているにもかかわらず、中国通信機器大手ファーウェイ(華為技術)との業務関係を深めた。ドイツテレコムはさらに、5G通信網で独国内で技術的に優位に立てるようファーウェイに依頼したとしている。ドイツテレコムは次世代通信規格「5G」ネットワーク、ブロードバンド、クラウドサービスおよびテレビなど各種サービスでファーウェイをベンダーとして採用している。
あかん、やっぱりドイツはあかん。
米中冷戦は実質的な第三次世界です。ドイツは三度、世界戦争に負けるつもりなのでしょうか。もはや、負けてお仕置きされる事を楽しみにしているのではないか、とすら思ってしまいます。どMですね、ドイツは。やはり、メルケルが良くないです。ドイツの中国への経済依存は日本より深刻ですから。ドイツ経済の半分が輸出で稼いでいる、そしてドイツの一番のお得さんは、中国です。中国は自動車や工作機械等、大量に買ってくれる。だからメルケルは毎年のように閣僚や経済界の要人を引き連れて、揉みてしながら、中国へ媚びへつらいに行っている。情けないです。もちろん、日本も中国に随分と依存している面はありますが、日本は輸出ではなく内需中心の国ですから、そのあたりが違います。
ドイツ全体が中国を礼賛しているわけではなく、5G問題で、ドイツ国内では身内からも大批判が出ています。5G問題では、与党キリスト教民主同盟(CDU)内部も紛糾した。ドイツ連邦議会(下院)外交委員長を務めるノルベルト・レットゲン議員は昨年11月の党大会に、事実上ファーウェイの締め出しを狙う決議案を提出し、賛成多数で採択されました。伝統的に親中の立場を取る連立パートナーの社会民主党(SPD)も、ファーウェイ参加に反対する姿勢を表明している。それでも、中国依存を止められない、メルケル政権はシャブ中のようなものです。移民・難民政策で大失敗した時にメルケルはそこでやめるべきでした。ドイツ国民が可愛そうです。今年の1月にもドイツの元外交官3人が中国のためにスパイをしていた容疑で家宅捜索をうけています。中国の好きなように食い荒らされているにも関わらず、メルケルは、中国に頭が上がりません。
win-win という言葉がありますが、ドイツ国内では、winwinはドイツと中国、「お互いに利益がある」という意味ではなく、「中国が2回とも勝つ」という強烈な皮肉として使われているようです。
5Gでファーウェイを採用すれば、ドイツとの経済・軍事・政治面すべてにおいて、情報共有することにリスクがあり、世界中でドイツ離れが起きる可能性が高くなります。なぜなら、情報が筒抜けになりますから。ファーウェイだけでなく、あらゆる分野で中国との深みにハマっていってます。
中国と仲良くするということは、西側の自由主義国家との経済活動を切り捨てるということ。待つのは地獄です。アメリカがえげつないことをやっていて、アメリカ企業が製造する精密機械、部品を使って、中国と取引すると、取引した企業は米国から制裁を課されます。
今のドイツの行動を見ると、底なし沼にハマっています。メルケルは、沼につかり、窒息寸前という感じではないでしょうか。西側の国がドイツと距離を取るようになれば、さらにドイツは中国に依存していきます。完全にシャブ中(ドイツ)、シャブの売人(中国)の関係のようになってます。ドイツは第一次大戦に負け、第二次大戦にも負け、そして、今米中冷戦は実質的な第三次世界大戦です。この第三次世界大戦にもドイツは負けるでしょう。ドイツは、国の行く末を左右する一番大事なところで、全部間違った方を選んでいます。病的などMです。
米中の分断は今後さらに加速し、今はサプライチェーンから中国をパチーンと、ジェスチャーと弾いてますが、中国製品の排除だけでなく、今後は中国製のスマホアプリやwebサービス分野でも中国外しも進んでいきます。tiktokの禁止をアメリカが検討しはじめており、オーストラリでもtiktok排除を検討中、インドは既に禁止されてます。日本も早く禁止してくれ!という感じです。僕はtiktokを使ったことはありませんが、中高生、小学生からも大人気なようです。若い女の子が踊ってる動画をみたいがために、中高年も結構tiktokを利用しているようです。tiktokがラインのように、国民の7割、8割が利用するようなところまで食い込まれると、終わりです。そういう意味では、ラインの普及率が圧倒的な日本は、心配です。僕もラインを利用しています、今は大丈夫でしょうが、もし韓国が北主導で統一されたら、日本国民の通信は終わるでしょう。国産のメッセージアプリを官民あげて、作ってほしいです。
今回はここまでです。
今日のトピック以下です。
◇中国と縁を切る、日米英仏豪加に、対して、中国と繋がり続けるドイツ
◇中国製品だけではなく、中国製WEBサービスの排除が今後進む
◇第三次世界大戦、どっちの陣営が勝つか、見極める


 

ご要望をお気軽にお知らせください

045-329-7142045-329-7142

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

お客様からの相談事例をご紹介します。
皆様のお悩みと同じ事例がありましたら、参考にしてください。

News & Blog

杉山オリジナルの動画やコラム記事を
更新しています。
新たな気づきがあるかも!?