Youtube channel

ホーム時事・資産運用動画 本田圭佑選手カッコよすぎ、共同通信のフェイクニュースに素早く反応、青山繁晴&山田宏氏も虚報と説明→中国批判の共同声明見送り

2020.06.10 [ 時事・ビジネス ]日本世界ビジネス

本田圭佑選手カッコよすぎ、共同通信のフェイクニュースに素早く反応、青山繁晴&山田宏氏も虚報と説明→中国批判の共同声明見送り

この記事は下記の動画とリンクしています。動画で話している内容を書き起こしている為、表現が口語的であったり、一部わかりにくい部分があります。
本田圭佑選手カッコよすぎ、共同通信のフェイクニュースに素早く反応、青山繁晴&山田宏氏も虚報と説明→中国批判の共同声明見送り

『日本が中国批判の共同声明への参加を拒否?』耳を疑うニュースがはいってきました。
6/7【ワシントン共同】香港への国家安全法制の導入を巡り、中国を厳しく批判する米国や英国などの共同声明に日本政府も参加を打診されたが、拒否していたことが6日分かった。複数の関係国当局者が明らかにした。中国と関係改善を目指す日本側は欧米諸国に追随しないことで配慮を示したが、米国など関係国の間では日本の対応に失望の声が出ている。
新型コロナの感染拡大などで当面見合わせとなった中国の習近平国家主席の国賓訪日実現に向け、中国を過度に刺激するのを回避する狙いがあるとみられる。ただ香港を巡り米各国が中国との対立を深める中、日本の決断は欧米諸国との亀裂を生む恐れがある。
共同通信さん、、これフェイクだったら社長以下役員全員雁首そろえて辞めるべきです。社員の深刻な監督不行き届きです。
そして、こんな重要なニュースなんだから、誰が書いたのか記者を明記しるべきです。責任の所在が分からない。
これにいち早く反応したのが、元サッカー日本代表のホンダケイスケ選手です。7日、ツイッターで日本政府が米国や英国などから共同声明参加の打診を受けたが拒否したという共同通信の記事を引用し、『中国批判声明に日本は参加拒否って何してるん!香港の民主化を犠牲にしてまで拒否する理由を聞くまで納得できひん』、『どんだけ他人事なん、この記事が本当なら日本は本気でヤバい。この記事がフェイクなら共同通信は本気でヤバい。』とツイッターに投稿しています。
ホンダさんかっけええええええええええ!!!
これフェイクだったら、本当に最低でも部長以上の責任者が記者会見で顔出しで謝罪すべき。それぐらい重大案件に対する許されざる嘘です。
この日本が『中国を糾弾する声明に参加拒否した』という記事に対して参院議員の青山繁晴氏がブログで、『虚報、(これじゃないよ、ぶどう画像)嘘である』と投稿しています。
何故嘘なのかというと、共同通信の記事では、日本側の与党政治家あるいは官僚に取材したということが書かれておらず、『複数の関係当局者が明らかにした』としか書いてありません。政府や官僚がリークしたならば、『日本政府関係者』、『日本当局関係者』といった文言が並ぶだろうが、それが全くないからです。
同じく自民党の山田ヒロシ議員が、『当該共同通信の記事は、あまりにも酷い印象操作でありフェイクニュース』とツイッターに投稿しています。
やっぱりフェイクっぽいですね。
おそらく、二階とか外務省あたりの親中派議員・官僚の後押しでしょう。僕は第一印象でいうと、このニュースは共同通信の飛ばし記事だと思いました。
仮に中国糾弾の共同声明に参加しないならば、もう支持率は戻らないでしょう。今は新型コロナの失態で支持率が一時的に落ちているだけで、経済が回復してくれば政権支持率は回復する可能性は高いと思っています。ここで中国に媚びるようならば、ホンダさんが言うように日本は本気でヤバイ、自民党議員は二度と自由と民主主義という言葉は二度と使わないでほしいです。香港人を犠牲にしておきながら、何が自由と民主主義なのか。
実利の面で見ても、中国共産党を打倒すれば、拉致被害者を取り返すことが出来、憲法改正も邪魔されません。中国人の日本の土地買収も防げます。何よりも中国共産党の圧政によって民族浄化されているウィグルやチベット人を救え、中国共産党の特権階級以外の99%の中国人を救える千載一遇のチャンスが今到来しています。
否定するなら早く否定すべきです。青山さん山田議員の情報もいいですが、政府が公式に素早く反論しなければ誤解する国民が増えます。こんな重要な事がフェイクニュースならば、安倍総理のツイッターでもいいし、内閣府のツイッターでもいいので迅速に否定すべきです。

ご要望をお気軽にお知らせください

045-329-7142045-329-7142

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

お客様からの相談事例をご紹介します。
皆様のお悩みと同じ事例がありましたら、参考にしてください。

News & Blog

杉山オリジナルの動画やコラム記事を
更新しています。
新たな気づきがあるかも!?