Youtube channel

ホーム時事・資産運用動画 【投信とセット販売】定期預金のキャンペーンはお得?

2019.02.15 [ 資産運用の方法 ]初級

【投信とセット販売】定期預金のキャンペーンはお得?

この記事では銀行でよく見かける定期預金と投資信託のセット販売について説明しています。
超低金利の昨今では目を引くような年利4%~7%で定期預金を利用できるケースもあり
魅力的に見えてしまいますよね。
定期預金とのセット販売で投資信託を買っていいのか迷ってしまいます。
そこで当該サービスの注意点やメリット&デメリットを考えてみることにします。
すぐに飛びついてしまう前にせっかくなので熟考してみましょう!
 

定期預金と投資信託をセット販売とは?

 
さて、タイトルの通り定期預金と投資信託のセット販売を行っている銀行が散見されます。
対面主体の銀行だけでなくネット銀行でも同様のサービスが提供されています。
言葉で説明するよりキャンペーンチラシや広告を見てみるとわかりやすいので確認してみましょう。
※下記の画像はイメージです※

とあるネット銀行の場合 ※イメージ

 
定期預金と投資信託 セット販売 イメージ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このネット銀行では年利7%もの高金利で定期預金を預け入れすることができます。
それぞれ【投資信託を購入】 + 【定期預金預け入れ】がセットになったプランです。
購入する投資信託の割合に応じて金利が変動しているようです。
 

とある地方銀行の場合 ※イメージ

 
さてネット銀行だけでなくとある地方銀行でも同じようなサービスが提供されています。
※イメージ図※
定期預金 投資信託 セット販売 地方銀行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらでもネット銀行と同じように投資信託とセットで購入すると定期預金の金利が高くなります。
 

注意すべきポイントは? メリット&デメリット

 
 
さて、購入にあたって注意すべきポイントとしては
 

  • 投資信託を購入するときには概ね2~3%程度、買付け金額に対して手数料が発生します。
  • 投資信託は購入時の手数料以外に、【信託報酬】といって保有中にも別途費用が発生する。
  • 定期預金の金利は当初三ヶ月間だけ適用(される場合が多い)

 

メリット
  • 定期預金の金利が破格
  • もともと銀行で投資信託を購入しようと考えていたなら魅力的なサービス

 
 
 

デメリット
定期預金金利の適用は当初3ヶ月のみ
投資信託の購入時費用や信託報酬がネット証券等と比べると高い場合がある

 
 

結局、買っていいサービスなのか?

 
リスクとリターン バランス 天秤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
銀行とお付き合いがあって投資信託の購入を検討していた人は、
ついでに定期の金利が高くなるので別に購入して構わないかなと思います。
銀行から融資を受けていたり、継続して関係を築く必要がある人にとってはオマケとしてはいいんじゃないでしょうか。
 
 
 
一方で、定期預金の高い金利が目的で投資信託を購入しようとしているなら、止めておいたほうが懸命ではないかと思います。

シュミレーション
仮に以下の条件でセット購入したならどうなるでしょうか?

  • 定期預金500万円(金利が当初3ヶ月間5%)  ⇒ 受け取る利息が62,500円(税引前)
  • 投資信託500万円(購入手数料3%、信託報酬年率1.5%) ⇒ 一年間保有すると概ね218,000円ほどの費用

 
投資信託は価額変動リスクがあります。
コストを上回るだけの値上がりが実現されれば問題ないでしょうが、
リスクとリターンが釣り合っているかな、、、、という感じです。
ネット証券ならノーロード、無手数料で同じ投資信託が購入できるケースが沢山ありますからね。
 
投資信託と定期預金 セット販売 ケース別 買っていい人 買ってはだめな人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ポイント 僕ならばこうする
  • 定期の金利目的なら買わない
  • 銀行とのお付き合いで投信を買う必要があるならオマケで優遇金利が受けられるので良しとする。

 

最後に 批判は多いのは分かるが、、、

 
いわゆる【抱合せ販売】についてネットで検索すると随分と批判が多いと感じます
かなり感情的になっている人もいるようです。
 
僕は金融機関で働いてた立場なので、なんとも複雑な心境なのです。
銀行員の人からするとこんな【微妙なサービス】を顧客に提案したいとは全く思っていないですからね。
いや、だってちょっと考えたら分かりますよね。
こんなもん銀行のための商品じゃないかって。
 
銀行の立場でいうと低金利によって収益力が激減しているので何とか打ち出した苦肉の策ですよ。
僕はいろいろなサービスがあって良いと思うのです。
この【セット販売】ですら利点はあります。
銀行と付き合いがある経営者だと、投信を買ってほしいと懇意にしている銀行側から頼み込まれれば断りにくい場合があるのです。
期末になると、頼み込まれた経験のある経営者は割といるんじゃなかと思います。
そういったケースならば悪くないサービスとも言えます。
 
情報収集が容易にできる時代ですから、
粛々と自分にとって必要なのかどうかを見極めればいいのではないかと僕は考えます。
その一助になればと心から思います。
 

ご要望をお気軽にお知らせください

045-329-7142045-329-7142

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

お客様からの相談事例をご紹介します。
皆様のお悩みと同じ事例がありましたら、参考にしてください。

News & Blog

杉山オリジナルの動画やコラム記事を
更新しています。
新たな気づきがあるかも!?