Youtube channel

ホーム時事・資産運用動画 資産運用で大事なポイントと初心者がやってはいけない投資法

2018.12.11 [ 資産運用の方法 ]初級

資産運用で大事なポイントと初心者がやってはいけない投資法

 

資産運用で最も大事なことは価額変動を抑えること

 
 
資産運用で最も大事なことは何でしょうか? 少し考えてみてみましょう。
 
 
 
例えば、、お金を増やすうえで押さえるべきポイントの一例は以下の通りです。
 

  • コスト(手数料)を抑える
  • 長期で運用する
  • 良い投資商品を見つける
  • 信頼できる相談者を見つける

 
どれも正しいと思います。しかし、
 
あえてハードルを上げて資産運用で“最も”大事なことを挙げるとすれば
 
価額変動を抑えること
 
と言えるでしょう。
 
しかし、どうしても高利回りの債券やハイリターンが狙える株式や投資信託に目がいってしまうものです。
 

リスクとリターンは必ずトレードオフ

トレードオフ(英: Trade-off)とは、一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという状態・関係のことである。
※wikipediaより

 
より多くの利益を追求すれば安全性は犠牲にせざるを得ないということです。
 
投資ではハイリターンが期待できるということは価額変動が大きくリスクも高くなります。
 

やってはいけない資産運用法、投資法

 
価額変動が大きい運用を続けていると資産は増えるどこからむしろ減っていってしまいます。
 
以下の図は異なる変動率によって運用をした場合の資産の伸び方です。
 

 
 
100万円で資産運用を始め、20年間経過するとどれだけ資産の伸びに乖離がでるか見てみましょう。

 

資産の変動率 20年後の資産価額 騰落率
①毎年5%ずつ上昇 265万円 +165%
②1年ずつ30%上昇、20%下落の繰り返し 148万円 +48%
③1ずつ50%上昇、40%下落の繰り返し 35万円 −65%

※100万円で運用スタート、手数料等のコストは未考慮
 
③の運用では利益の幅は1年で+50%と大きいのですが、その分下落幅も大きくなっています。
このように価額変動が大きな運用を10年、20年と続けていると資産は増えるどころか減っていってしまいます。
 
②の運用では③よりは価額変動は抑えた場合のシュミレーションです。20年後に100万円が約1.5倍の148万円となっています。
 
①の運用では毎年5%ずつ上昇した場合です。3パターンの中では最も資産価額の上昇が大きくなっており、20年後には元本が約2.6倍の265万円になっています。
 
このシュミレーションを見てみると、どういった運用をすべきか見えていきます。
 
価額変動を出来るだけ抑えていくことが資産を増やしていくうえで重要なのです。
 
①の運用は毎年安定して5%ずつ増えていっていますが、現実的にはこれは不可能です。
定期預金や国債のように元本欠損リスクの極めて低い金融商品でないと無理でしょう。
しかしそのような安全性の高い商品は非常に低金利のためお金を増やしていく手段としては不向きです。
 
 
価額変動を出来るだけ抑え、年間で5%~7%ほどのリターンを狙っていくという方法が理想です。、、、が
金利が低い今の時代ではそれですら難儀します。
 
投資を始める人の9割以上は大体③のようなハイリスクハイリターン型の運用をしてしまい
資産を増やすどころか減らしてしまっています。
 
銀行や証券会社で資産運用をしている人は特に注意して欲しいと思います。
 
「お金が増えないな、むしろ数年前より減っている、、、」
 
と感じる人は知らずのうちに③のような運用に陥っている可能性が高いでしょう。
 
 
もちろん、機動的に対応して相場が良い時はハイリスクハイリターン商品を買い、
相場が悪くなってくればローリスクローリターンの商品に買い替えれば良いのですが、、、、、、
 
それが上手くできれば世界中みんな億万長者ですよね、笑
 
相場に合わせて取るリスクを変えていくことは大事なのですが、その波を捉えるのは非常に困難です。
 

知らずのうちにハイリスク運用へ

 
資産運用を始めるにあたって何を買うか迷ってしまうものです。
 
情報を集めていきつく先は各種ランキング上位の投資信託や株式、債券となってしまうでしょう。
 
しかし、このようなランキングにあるような商品の8割以上は価額変動が大きいハイリスク商品となっています。
 
金融機関で相談したとしても提案される投資商品はハイリスクなものが多い。
 
既に資産運用を始めている人はこの機会に自分が今何で運用をしているのか、ということを再確認してみては
いかがでしょうか。リスク偏重になっていないでしょうか。
 

例外は当然ある

 
世の中には凄腕の個人投資家、トレーダーがいます。
 
彼らは常に価額変動の大きい金融商品(株式等)で投資を行っています。
資産を毎年30%、50%と増やし続けているトレーダーは実際にいます。
 
100万円~数百万の少ない元手で1億円以上の資産を築く億トレーダーなんかはまさにそれに該当します。
 
今はSNSなどで情報発信しやすい分、そういった凄腕のトレーダーたちが発信する情報を簡単に集めることができます。
 
それこそ一日で500万円稼いだ、3000万円を数時間で稼いだといった内容は検索すると散見されます。
 
 
それを嘘だと言うつもりはありません。
 
そういった優秀な個人投資家たちは本業が株式投資です。
 
日夜、情報収集や銘柄研究を欠かさず相場に向かい合っている人たちです。
 
彼らの専門性と判断力はもはや証券や銀行のトレーダーやファンドマネージャーを凌ぐ程だと思います。
 
短期間で数千、数億円の利益をたたき出す裏では、
凄まじいプレッシャーと資金管理を誤ればご破算になるというリスクを背負いながらやっています。
 
これを普通の人が真似してはいけません。
 
やるならば本業にする覚悟でトレードの猛勉強と実際に損失を出しながら学んでいくほかありません。
 

誇張された広告や大袈裟な本のタイトルには注意

 
資産運用を始めるうえで情報収集をすると、ネットであれ書店であれ非常に誇張された広告が目につきます。
 
嘘ではないのかもしれませんが、簡単に信用してはなりません。
 
「100万円を3年で1億にした!」
 
「月収20万のサラリーマンが資産1億を築いた!」
 
上記のようなフレーズや本のタイトルは沢山あります。
 
しかし忘れてはならないのが
 
リスクとリターンはトレードオフであるということ。
 
短期間で100万を1億円にするには相応のリスクを取らなければ不可能です。
 
誰でも出来る、安心できる投資手法ではないでしょう。
 
投資を始める人の9割は長期に渡って持続可能で、
ある程度ほったらかしでもOKな資産運用方法を採用すべきだと考えます。
 
 

ご要望をお気軽にお知らせください

045-329-7142045-329-7142

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

お客様からの相談事例をご紹介します。
皆様のお悩みと同じ事例がありましたら、参考にしてください。

News & Blog

杉山オリジナルの動画やコラム記事を
更新しています。
新たな気づきがあるかも!?